FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

お詫び

 【22//2014】

昨日公開しておりました、AMW通信vol.403 『身長178cmマッスルボディ!将生くん20才!!プレ・デビュー』【将生くん投稿動画集part001】を諸事情により削除致しました。

将生くんのデビューを楽しみにしておられた皆様に、深く深くお詫び申し上げます。

これからもAMWは、皆様のご期待に応えられる様、誠心誠意頑張ってまいりますので、
今後ともAMWをご愛顧いただけます様宜しくお願い申し上げます。

AMW管理人TAKUYA

AMW専属モデル将生くんのAMWモデル復帰を、ご期待下さった皆様へ、将生くん復帰解消のお詫びをさせて頂きます。

この度、AMWと将生(仮名)との間におきまして、結んでおりました『専属モデル契約』において一部違反行為があり、AMWと将生との間で専属モデル契約解消に至りましたことをお知らせ致します。

AMWで公開しておりました将生の動画が公開間もなく削除されました件で、ブロマガ『AMW通信』をご購読いただいております皆様の、ご期待と復帰のご要望を裏切る形となりました事を、先ずはお詫び申し上げます。

ご期待下さり、また、将生くんの新作動画を目当てに『AMW通信』をご購読頂きました皆様へ、今回の事の成り行きをご説明申し上げる事により、ご納得頂ければと考え、AMW管理者としての説明責任が有るものと判断致しました。
詳細につきましては以下の通りでございます。

9月の中旬、将生くん本人からAMWモデルの応募がありました。
ただ、近い内に面談及び撮影の日程を組む事が、双方ともに難しく、将生くんから自分撮りの動画を提供してもらい、それをAMWで編集した上で、皆様にご覧頂こうという事になりました。

編集した動画を公開した直後に、それは多くの反響を頂き、双方共に良いスタートが切れたと思っておりましたが、ある方からの指摘で
「コレは第三者の動画を不正利用したものである!」
と、大変厳しいお叱りのメールを頂きました。

AMWとしましては、将生くんとの事前の本人確認におきまして、公開しております動画は将生くん本人が撮影した動画である!いう確実な証拠(AMWの指示にて、将生くん本人しか撮影出来ない写真を事前に送ってもらっておりましたので)を有しておりましたので、
お叱りメールを下さった方にも、その旨を出来るだけ細かい詳細をご説明申し上げ、ご納得頂き、問題は解決されたかに思われましたが、
その事が災いし、将生くん本人が、「あの人(お叱りメールをくださった方)が気付く位だから、見られたくない人にも動画を見られる可能性がるので、動画の公開を一時休止したい」との話があり、本人の意思を尊重すべく、その日の内に動画の公開を一時休止するに至りました。

それから、数時間にわたり将生くんと連絡を取り合い、AMWでは、将生くんの一日も早いモデル復帰を計画している旨を、いち速く皆様に事情をお知らせしたく『お詫び』記事を掲載いたしました。

何故、お叱りメールが切っ掛けになったか、詳細につきましては、将生くん本人と、お叱りメール送信者様のプライバシーに関わる事ですので、事細かにはお話出来ませんが、
後の説明に関わる事情が有りますので、以下におきましてかいつまんでお話させていただきます。

将希くんという名前はAMWで付けた『モデル名』であり、彼の本名ではありません。(また、AMWではモデルの本名を基本的には聞く事はございません。)
AMWのモデルに応募してくる以前に、彼は別のハンドルネームにて、FC2動画に個人で自分撮り動画を公開しており、当時、公開した動画を不正にダウンロードされ、別のサイトにて悪用されてしまった過去があり、それが切っ掛けでFC2での動画公開を辞めてしまった過去がありました。
本人が言う「見せたくない人・・・」というのは、この悪用した人の事なのです。

お叱りメールを頂いた方は、その当時の彼のフアンの方でして、その様なトラブルが有ってからは、将生くんとも親身になって連絡を取り合う事もあり、偶然、第三者が動画投稿サイトなどで公開してる将生くんの動画を見付け不正利用していると思われた場合、将希くんの代わりに『動画の削除依頼』を出しておられた心優しい方でした。
将生くんがこの方へ「AMWのモデルに応募した」と内緒にしていたので、この方は、AMWが将生くんの動画を不正利用してると勘違いしてしまったとの事でした。

その様な事実をAMWとして初めて知ることになり、
AMWに将生くん本人から編集用に提供された動画の幾つかに、その当時の動画も含まれておりました事が判明しましたので、
(過去に流出したかも知れない動画を)AMWが使用する事は、その後に思わぬトラブルを招きかねないと、判断し、
また、AMWでしかご覧いただけないという『希少価値』の点からも、彼にはAMWでモデルとして活動するには『AMWだけで公開する為の、新たな動画』の撮影をし、どこに出ていない、誰にも渡していない動画の提供を依頼致しました。

それが、彼の「動画を見てもらいたいけど、悪用されるのは困る・・・」という難題に対処できる唯一の方法だと、双方共に考えたからです。

そして、上記の通り、新たに撮影した動画が将生くんから届くようになり、その都度、編集を行って幾つかの作品を作る作業を行ってまいりました。

そして先月中頃までの間、将生くんモデル復帰に向け、幾つかの改善策を講じる事となりました。
既に彼に被害をもたらした人物に知られてしまった可能性のある『将生』というモデル名を新たな名前に改名し、
過去の彼に被害をもたらした人物を出来る限り遠ざける事。
その人物が気が付かない様に撮影時のカメラアングルや、今までと違った内容の撮影を行う事。
なによりAMWにおいて、ご期待頂き将生くんの復帰を楽しみにお待ち頂いてる皆様へ、より充実した内容の動画を提供する事などなど、双方で連日連夜相談しながら着実に準備を重ねて参りました。

復帰目前に控え、『将生』という名前をAMWから一掃する必要もあり、この『お詫び(将生くん動画の公開休止のお詫び記事)』も非公開と致しました。

しかしながら、将生くん自身の過去のトラウマが、「動画の公開まであと一歩!」という所で、二の足を踏んでしまい。
「公開まで少し時間が欲しい・・・」との本人の強い要望が有りましたので、提供された動画の編集作業等も終え、全て用意万端整っておりましたが、彼の気持ちが定まるまで、待つことに致しました。

彼の連絡を待つこと、およそ一ヶ月経過した昨日、彼にその後の様子を確認する為連絡しましたところ…

彼は自分の判断でFC2動画において、既に自分で撮影した動画の公開を始めていた事が彼の口から判明しました。

その新たなページには、AMWで公開した動画も公開されておりますので、見逃された方は、ソチラでご覧いただければと思います。

彼が過去のトラウマを解消し、新たに一歩踏み出した事は、本当に素晴らしい事ですし、AMWも応援もしたいと思います。
是非、皆様に置かれましても、どこかで彼の動画を見つけた時には温かい応援の言葉でも掛けて頂けます様お願い申し上げます。

ただ、この事により、彼は『専属モデル規約』にあります、『AMW以外での動画及び静止画の公開禁止』に違反してしまった事となり、AMWで将生くんの動画を公開する事は、大変残念ですが諦めるしかないと決定致しました。

将生くんは、AMWが将生くんの返事を待っているという事をすっかり忘れており、重ねてAMWの記事から『将生くん関係』の記事が消えていた事から(あくまでも上記の処置だったのですが・・・彼には理解できてなかった様でした)、もうAMWのモデルとして活動出来ないもののと、勘違いしてしまい、何の相談もなくFC2に動画を投稿するという勝手な行動に出てしまったという事でした。

勘違いが切っ掛けの為、モデル復帰を本人に促してはみたのですが、一連の騒動で精神的に疲れてしまったのでしょう、
「モデルを辞めたい」との事でした。

そもそもは、将生くんの動画を本人の許可も無く転用した悪人が居たことで、この一連の問題が発生したこと、
それこそが、このトラブルの原点なのです。
絶対に撮影者及び製作者本人の許可なく投稿された動画を転用してはならない!、後々思わぬところで迷惑を被る人が出てくる!と、いう事です。

しかし、将生くん復帰を目指し、日夜努力してきた甲斐も無く、この様な事態になりました事、
なにより、AMWで将生くんの復帰を期待して下さった皆様、彼の新作動画を見たい一心で『AMW通信』を新規ご購入下さった皆様には、ご期待を裏切る形となってしまいましたことを、深く深くお詫び申し上げます。

また、彼が動画を公開しているページのURLを掲載し、少なからず、ご期待に添えなかった皆様へ、せめてソチラで、彼の新作動画をご覧いただければと思いましたが、事情が事情だけに、お知らせしたページが、いつ何時消されてしまうかも知れません。
無責任な行動は控えたいと思いますので、彼のページへのリンクは避けておこうと思います。

ご期待下さった皆様に、全ての詳細をお話しできず、これでご納得頂ける様なきちんとした説明になっているかは、わかりませんが、
AMWには、将生くんの様に魅力的なノンケモデルも多数居りますし、それ以上だと言えるモデルも居ります!
今後も、より魅力的なモデルたちをご紹介出来る様に一層励みます!

ご迷惑をお掛けしました皆様には、重ねてお詫び申上げることと、今後のAMWの行動とより良い作品を製作することで、御温情に報いるしかないと思っております。

一連の事情をお汲み取り頂き、今後ともAMWを応援頂けます様、誠心誠意頑張ってまいりますので、何卒、変わらぬ御愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

AMW管理人TAKUYA
関連記事

Category: ◇お知らせ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks