FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

小説『夏の思い出』-ワンパク小僧たち-(ゲイ・BL)-第二章-<大和の密かな楽しみ>その12<Final>

 【15//2014】



Novel-01.jpg

-第二章-

<大和の密かな楽しみ>その12


・・・つづき

俺のザーメンは勢いよく飛び、マサの張り出した大胸筋のひさしに何度もぶち当たり飛び散った!

それにはマサも驚いたのか

「あっ!」

と艶っぽい声を漏らした・・・・

次の瞬間!


バチーン!


俺の股に大きな衝撃が走る!!

「いっ!って~っ!!」

股間を強打する余りの痛さに思わず叫び声をあげた!


「ぼっちゃまっ!!」

マサの慌てた声が聞こえる

目を瞑って痛みに耐える俺の体は、床から足が離れ、グングンと宙に浮かび上がる・・・

えっ?何?

目を開けると、目の前にマサの顔がっ!


どうして?と思い、

強打した股間に目をやると・・・

なんと!俺は、勃起したマサのモンスターマラにまたがっている!


勃起したマサのマラが俺の脚の間をすり抜け、股間を強打した挙句、

その勃起力だけで俺の体を持ち上げているのだっ!!


「坊ちゃまっ!大丈夫ですかっ?」

心配している声と、申し訳なさげな声が入り混じっているマサの謝罪の言葉に

俺は言葉を失っていた。。。。

激痛を怒っているのではない、

痛さなんて、もう、どこかへ吹き飛んでいた。


俺は、この現実離れした状況に言葉を失っていたのだ・・・


直径40センチはある丸太にまたがった状態で、担ぎ上げられた俺の体・・・、

体重110kgの俺の体を持ち上げているこの丸太は、

まぎれもなく、マサのモンスターマラなのだ!


「すごい・・・!、凄すぎるよマサ~っ!!」


俺は興奮しまくっていた!

「痛くなかったですか?」

「うん、痛かったけど、そんなの、もう、どうでも良いよっ!最高だよっ!マサっ!!」

俺は、マサの太い首を抱きしめ、思いっきりキスをして、もう一度射精をした。


マサの大きな胸と俺の胸が同じ高さになってぶつかり、

二人の胸に挟まれる俺の勃起マラ、

胸が互いに愛撫し合っているかの様にビクン!ビクン!とバウンドし、
腰を動かさずとも、パイズリ状態に。

キスをしながら、マサの乳首を弄ると
肉丸太が、ビクン!ビクン!と上下運動を始める・・・

それに連動して、俺の体は上下に揺さぶられ、勃起マラから溢れ出た我慢汁と精液のローションが胸の谷間で白く泡を作り出す。

「マサ、舐めて・・・」

「はい・・・」

マサの長い舌先が俺の鈴口から溢れ出るカウパーを掬い取り、糸を引きながら口の中へ運ばれる・・・

俺は、そのエロイ光景を間近に見ながら、自分の舌先を鈴口に突っ込んだり、口を押し付け尿道に溜まっている雄汁を吸い出したりして見せた。

そんな様を、マサは虚ろな視線で見つめている。


掌では覆いきれない大きな胸、大きな谷間・・・

胸囲160cm近くある俺の胸が、まるで子供の様に思える。。。

「マサ、もっと胸を動かして!」

「ハイ、ぼっちゃま」

大きく盛り上がった二つの山が グググッ!ググググッ!とゆっくり動き、俺の肉棒をグイグイと押し上げては落とすを繰り返す。

マサの胸に扱かれてる・・・。

互いの胸の谷間にピッタリとホールドされている俺の肉棒・・・

自作した『オナニーマシーン南極10号』なんて比じゃない位にキモチイイ!!

自分でも、胸や腰を動かし、手を使わずに射精した。


もう何度射精しただろう・・・

俺もマサも頭から顔、その全てがザーメンまみれになり、でヌレヌレとやらしく光ってる。

隙間なく合わさった胸の谷間から肩甲骨辺りには、放出したザーメンが白いザーメン湖を作り出している。

その白い湖の真ん中から、巨大な生物が首を突き出すかの様に、亀頭がザーメンを押しのけ飛び出してくる。

俺とマサは、飛び出した亀頭に舌を這わせ、その味を味わっていた・・・・


ギィ~ッ!!

部屋の扉を開ける音がした!


「大和~居るか~?」

「オッ!!オマエっ!・・らっ?!何やってんだ!!!」


「・・ぁっ!兄貴ーーーーっ!!」

「・・・和人さま・・・。」

開け放たれた扉の前に、兄貴が立っていた。


第二章-<大和の密かな楽しみ<完>

top-of-page.png

《スポンサー/広告》
【注意】ご紹介しております商品は記事掲載時のものですので、その後、販売終了および廃盤になる可能性もございます。

[めーしょー飯店] の【WET SWEAT】

[めーしょー飯店] の【WET SWEAT】

[めーしょー飯店] の【WET SWEAT】

[めーしょー飯店] の【WET SWEAT】



danji_88_31.gifJr_88_31.gifmensrushtv88×31site_dg.pngXXX88×31
ゲイ・ホモ動画ページゲイ動画サイト 男道ミサイル ゲイボーイアダルト動画 DUGA -デュガ-
*↑↑あなたの見たい!知りたい!情報がココにある!↑↑*


sindbadbookmarks.com8831.gifGAYARTNAVI
↑↑↑
Click!
text015_06.gif
AMWを応援してるぞ~!って人は、
上のGAY情報ランキングサイトclick!宜しくお願いしま~す(*^▽^*)

☆ランキング順位が上がると→多くの注目を浴び→モデルのやる気が出て→よりよい作品作りを頑張れます!
皆様のお力でランキングを上げて頂けますよう、もう一押し宜しくお願いいたします。


【お願い】

*ブロマガ内にて公開しております動画や静止画等全ての制作物の著作権はAMWが保持しており、AMWの許可なくお手持ちのPCやタブレット端末・スマートフォン・携帯電話・その他等の動画や静止画を取り込める機器へのダウンロードは一切禁止です!(FC2動画のダウンロードはFC2運営サイドからも禁止されております)またAMWブログ及びブロマガ内で知ったモデルの個人情報や、撮影秘話などは何卒お一人で楽しんで頂ければ幸いです。

top-of-page.png



UPDATE(更新情報)/ABOUT(ご挨拶)/NOTICE(お知らせ)/WANTED(モデル募集)/Download(販売動画)/TAKUYA'sROOM(趣味の部屋)/HOMEへ戻る ≪追記≫

第二章-<大和の密かな楽しみ>は、これにて終了です!

もちろん!話は続きますよ~!(笑)

だって、次回からは隣の部屋で寝ていたはずのお兄ちゃんが加わって、

大和だけの楽しみじゃぁなくなっちゃいますからね~( *´艸`)

タイトルが変わるだけです!(笑)
関連記事

Category: 小説

Theme: 同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル

Genre: アダルト

Tags : 筋肉 デカマラ イケメン 巨根 AsianGay JapaneseGay 兄弟 でかまら マッチョ

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

ホント最高でした!

マサのモンスターマラの強さには圧巻です!100キロ以上を軽々と持ち上げてしまう勃起力、もう堪りません!それに大胸筋パイズリ!とてもデカイ大和の大胸筋と、それが子供みたいに見える程のマサの大胸筋にパイズリされたら、もう射精がとまらないですよ!
名前が変わるとのことですが、まだ続きがあるみたいで、とても楽しみに待っています!

Posted at 17:19:48 2014/05/16 by TK

Comments

Re: ホント最高でした!

TKさん
いつも応援ありがとうございます!

書いてるときは、自分が大和になったり、マサになったり妄想しながら、
生々しいエロが書けたらと思って、書いております。
二人とも常人とはケタの違う体格ですから、登場人物のイメージ画と、メジャーを手元に置いて、
アレコレ測りながら書いてます!(笑)
これからも、もちろん続きますので、今後とも宜しくお願いします。

Posted at 07:48:44 2014/05/18 by AMW管理人TAKUYA

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks