FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

小説『夏の思い出』-ワンパク小僧たち-(ゲイ・BL)-第二章-<大和の密かな楽しみ>その11

 【08//2014】



Novel-01.jpg

-第二章-

<大和の密かな楽しみ>その11


・・・つづき


「・・あぁ・・・マサ・・・スゴイよ・・・」

何かに憑りつかれた様に俺は、マサの胸に手を伸ばし、むんずと掴みかかった!

「あっ!」

急に胸を揉まれたマサは艶っぽい声を上げる。

「ッあっ・・・大和さま・・・」

「マサ、もう我慢しなくて良いから、思いっきり感じてよ」

力一杯胸を揉みしだくと、マサのミルクがビューッ!ビューッ!と俺の両肩を超えて後ろへ飛んでいく。

「んっ!はっ、はぁ~~~っ!」

マサの言葉にならない声が聞こえる。

俺は片方の手で胸を揉みながら、もう一方のミルクを放出し続ける乳首に喰らい付いた!

「マサ、美味いよっ!」

「あぁぁっ!」

サラリとして甘みのあるマサのミルク・・・・

宝珠汁の様な味わいもあるし、懐かしい様な味がする。

温かいミルクは、マサの体が作り出したもの・・・

そう!俺はマサを飲んでいるんだっ!!

揉みしだけば揉みしだくほど、吸い出せば吸い出すほど勢いよく噴出する。

一回の吸出しで、ほぼ口いっぱいにミルクが注ぎ込まれる!


口に溜まったミルクをゴクリ!ゴクリ!と喉を鳴らして胃袋に流し込む。

「あぁっ!ぼっちゃまっ!」

マサは覗き込むように授乳している様を見つけている。

俺はマサを見上げながら、乳輪の周りから乳首に向けて円を描くようにグルグルと指先を滑らし、到達した乳首の根元から二本の指使って捻り上げる、

そして、牛の乳搾りの様にジリジリと先端へ絞り上げると、水鉄砲の様にブシューッ!ブシューッ!と勢いよく飛び出すミルク、

それを待ち受けていた口で受け止める!

マサのミルクは俺の顔じゅうに飛び散り、
顎から喉、そして胸の谷間へと流れ落ちる。


マサは時折顔に飛び散ったミルクを指で拭い取ってくれて、濡れた指を自らの口へ差し込んでいる。

「マサ、自分の雄ミルク美味しい?」

「ハイ、美味しゅうございます」

俺は口いっぱいにミルクを吸い出すと、顔を上げて唇を突き出し、キスをせがんだ。

マサの顔が近づいてきて、優しい唇が俺の唇に覆いかぶさる。

大人になって初めてのキス・・・・

子供の頃は、マサに抱き付いては、よくキスをせがんでマサを困らせたっけ・・・

まだ、17歳だけど、もう子供じゃない・・・

やっぱ、大人のキスは良い!


唇にマサの舌先を感じる。

俺は軽く口を開けてみた、口の横から溜めていたミルクがこぼれ流れる。

マサがそれに気づくと、舌でソレを舐めとった。

そして、半開きの俺の口を塞ぐように大きく口を開けて被せ、中のミルクごと吸い取った!

俺は口の中のミルクを頬をすぼめて、そして舌で押し出すようにしてマサの口へ送り込んだ。

ゴクッ!

マサの喉がなる。

半開きの口の中にマサの舌が入ってきて頬の裏、歯茎と舌の間をかき回し、残っているミルクを舐め取るかのように動き回り、俺の舌に絡みついた。

いつもの優しいマサとは別の生き物の様に俺の舌を愛撫する。

上あごや喉の奥まで舐めまわし、また舌に絡みつく。

俺はマサの太くて熱い舌に吸いつくと、フェラをするかのようにジュボッ!チュボッ!とイヤラシイ音をたてた。

「マサ、唾液ちょうだい・・・」

「ハイ」

口をすぼめてから、軽く開くと舌に押し出された泡まみれの唾液がキラキラと輝いている、

俺は一滴もこぼすまいと、顔を少し横に倒して、とがったマサの唇と唾液を大きく開けた口で包み込み、ちゅばっ!ちゅばっ!と音を立てながら吸い出す。


上あごと舌を上手に使い舌の隅々の味覚をフルに使って味わうと、ゆっくり飲み干した。

「マサ美味しい!もっと、もっとツバを頂戴!」

マサは俺の顔を両手で挟み込むと、両側からクッと押しつけ、顎に親指を掛け口を大きく開けさせると、

絞り出すように唾液を落とし込んだ。

俺はマサの口から唾液が落ちてくるのを見ながら、舌先で迎えに行く。

唾液が舌先から喉の奥へ流れ込み、ある程度溜まったのを見計らってゴクリッ!と一気に飲み干した。

「ほんとエロっ!」

マサの唾液を味わいながらも、乳首を絞り上げ、ミルクを搾り取っているので、俺の肩や腕は真っ白に濡れっぱなしだ。


もう、さっきから俺は、絶頂に達する程に興奮していたが、
兄ちゃんとの時に抜きまくったせいか、はたまた、想像もしていなかった今の状況がそうさせているのか分からないが、
チンポは痛い程ギンギンに勃起しているのに、射精を我慢することが出来ている。

でも、我慢できるのも少しの間だということはわかっている!
今まさに俺の金玉は精子をドンドン製造し、来るべき射精の瞬間に備え在庫を蓄えているのだから!

それにしてもマサのデカマラがおとなしい・・・・

あんなに勃起していたマサのデカマラ、いやっ、丸太マラなのに、萎えてしまったのか?

ふと、下に目を落とすと、

なんとマサは、太ももと太ももでマラを挟み込み、跳ね上がらない様に抑え込んでいるのだ!



エッ!!??



俺はとんでもない事に気づいて目を疑った!


太ももに抑え込まれた丸太の様なマサのデカマラの先っちょが床に付いている!!


いやっ!、先っちょ・・・は、床に強く押し付けられ、行き場を失った先端は、L字に曲がり、
その先にある亀頭をマサが足で踏みつけているのだ!!


亀頭の先からは我慢汁が どぷっ!どぷっ!と溢れ、大きな水たまりを作っている!



俺は一瞬たじろいだ・・・・



ひいたのではなく、こんなモンスターの様なデカマラを持つ人間が、この世にいたのか!?と、驚いたのだ!


ずっと、こんなデカマラを見てみたいとネットの合成写真等を組み合わせては夢見ていた・・・

それが、今、目の前にあるのだ!

次の瞬間俺は、今回が初めてじゃないか?と思える程の大射精をぶっ放したっ!


つづく・・・

top-of-page.png

《スポンサー/広告》
【注意】ご紹介しております商品は記事掲載時のものですので、その後、販売終了および廃盤になる可能性もございます。

[K-DRIVE!] の【けつはめ!】

[K-DRIVE!] の【けつはめ!】

[K-DRIVE!] の【けつはめ!】

[K-DRIVE!] の【けつはめ!】



danji_88_31.gifJr_88_31.gifmensrushtv88×31site_dg.pngXXX88×31
ゲイ・ホモ動画ページゲイ動画サイト 男道ミサイル ゲイボーイアダルト動画 DUGA -デュガ-
*↑↑あなたの見たい!知りたい!情報がココにある!↑↑*


sindbadbookmarks.com8831.gifGAYARTNAVI
↑↑↑
Click!
text015_06.gif
AMWを応援してるぞ~!って人は、
上のGAY情報ランキングサイトclick!宜しくお願いしま~す(*^▽^*)

☆ランキング順位が上がると→多くの注目を浴び→モデルのやる気が出て→よりよい作品作りを頑張れます!
皆様のお力でランキングを上げて頂けますよう、もう一押し宜しくお願いいたします。


【お願い】

*ブロマガ内にて公開しております動画や静止画等全ての制作物の著作権はAMWが保持しており、AMWの許可なくお手持ちのPCやタブレット端末・スマートフォン・携帯電話・その他等の動画や静止画を取り込める機器へのダウンロードは一切禁止です!(FC2動画のダウンロードはFC2運営サイドからも禁止されております)またAMWブログ及びブロマガ内で知ったモデルの個人情報や、撮影秘話などは何卒お一人で楽しんで頂ければ幸いです。

top-of-page.png



UPDATE(更新情報)/ABOUT(ご挨拶)/NOTICE(お知らせ)/WANTED(モデル募集)/Download(販売動画)/TAKUYA'sROOM(趣味の部屋)/HOMEへ戻る
関連記事

Category: 小説

Theme: 同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル

Genre: アダルト

Tags : 筋肉 デカマラ イケメン 巨根 AsianGay JapaneseGay 兄弟 でかまら マッチョ

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

今回も最高でした!

マサの筋肉と雄っぱいの濃厚な描写に大満足です!こんな優しくてマッチョで超巨根な執事が身近にいる兄弟が羨ましい!w俺も雄っぱい吸いたいですwというか子供に戻って筋肉ミルクで育てられたいwそういえば、二人の父親も後々登場するみたいですし、そっちも楽しみです!ストーリー的にも、人物的にも。やっぱり作中一番の化け物筋肉、化け物チンポになるんだろうか……妄想が膨らみますw

Posted at 18:30:25 2014/05/12 by TK

Comments

Re: 今回も最高でした!

TKさんいつも応援ありがとうございます!

とっても励みになってます(≧▽≦)!!

私もマサの様な執事が欲しいです!頼れて優しい力持ちそして・・・超エロイ!WW
左右の乳首を交互に吸いまくってやる~~っ!ハァハァ(;・∀・)
アッ!私としたことが。。。自分で書いてて何やってんだかっ(^▽^;)
兄弟の親父はどんな人物でしょうね~?マサにもまだまだ秘密があったりして(笑)
楽しみにしていて下さいネ。

Posted at 05:32:53 2014/05/15 by AMW管理人TAKUYA

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks