FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

小説『夏の思い出』-ワンパク小僧たち-(ゲイ・BL)-第一章-<夏の思い出>その4【完】

 【14//2013】



Novel-01.jpg

第一章-<夏の思い出>

その4【完】


「えぇーっ!!」

思わず、声に出してしまう光景を見てしまった!!


ビーチチェアーでうつ伏せで寝ている大和・・・・

太く平たいビニールテープ状の柔軟性のある素材で、全体重を支えているのだが、
テープとテープの間5センチ~8センチ程の隙間から、

腕ほどもある大和のギンギンに勃起したデカマラが飛び出しており、
亀頭の先っちょが砂に触れると、その刺激で跳ね上がりチェアーの裏、すなわち大和の腹部を音を立てて打ち付けているのだ!!

「スピ~ッ!パチン!」の「パチン!」という歯ぎしりか何かだと思っていた音は、
デカマラが腹を打ち付ける音だったのだ!

再び俺の思考回路はパニックを起こした!

いつまでも子供だと思っていた弟が、自分が求めていた理想像に近い屈強な男の肉体へと変貌して、アソコも自分と大差ないデカさ・・・いやっ!デカさは俺が勝ってるとは言え、今の自分よりも遥かに若く、経験値も浅い高校生のそれは、オナニーに狂っていた高校時代に自画自賛していた綺麗なピンクのデカマラ!そう、もう二度と戻れない『美マラ』の初々しさ!『あの日の俺のデカマラ』がそこに有った!

自分がナルシストであることは否定しない!一番の理想体型を持っているのも自分だと思い込んでいる!
特にそれに目覚めた高校時代、俺は自分の体を鏡に映し、自分自身をオカズにしてオナニーを繰り返していた!
全ての筋肉、綺麗なピンク色の乳首に人一倍大きな同じくピンク色のデカマラに興奮し、学校から帰ってくるなり部屋に閉じこもり毎日何度もザーメンが空っぽになるまで休まずにオナニーをしていた!

まさに、『あの日の俺』が今、手を伸ばすと触れるすぐ横に寝そべっている!
自分とSEXをしてみたい!そんな感情を持ち続けたまま今に至っている!!

「あぁーっ!スゲー!スゲーッ!!」

大和の亀頭の先からは、タラ~リ~と、先走り汁があふれ出ており、
砂を絡めながら納豆の様に糸を引いている・・・

鈴口には『糊』によって砂が、砂絵の様に貼りつていて、厚く塗り重なると、重さに耐えきれず、ボロッと落ち、それを幾度となく繰り返している!

竿の根元がビニールの素材によって締め付けられ、一度勃起したチンポをしっかりとホールドし、まるでコックリングを装着しているように、まだまだ幼く綺麗なピンク色のチンポに似つかわしくない卑猥なまでの血管を浮き出させ脈打っている!

きっと普段の勃起チンポの1.5倍いや!、2倍!!ほどに膨れ上がらせているのだろう。

真横から覗き込む様に、目線を上半身へ移動させると・・・
丁度、胸の乳輪の部分もビニールテープの隙間から飛び出しており、手で包み込めるほど垂れ下がっている!!
恐る恐る、飛び出している胸を指で突いてみると、柔らかさの中に筋肉の存在を感じられ、程良い弾力が伝わってくる。

「なんだーっ!このエロさはーーーっ!!」

完全に俺の頭は弟を、弟ではなく性の対象!いや、あの日の自分自身と完全にシンクロしてしまっている!

俺のチンポは既にみぞおちに突き刺さり、先走り汁をダラダラと垂れ流し、「もっと!もっと!」とハイエナの様に生きる糧である『エサ』そう!『エロい刺激』を求め始めている!!

気がつけば俺は弟のデカマラをオカズに自分のデカマラを激しく扱き始めていた!!

「・・・・にぃちゃん・・・」

突然、大和の声がする。

起こしてしまったのか!?
やりすぎたか・・と、かなり焦ったが・・・

「おにぃちゃん・・・」

どうやら、その声は夢を見てる様だった。

「お兄ちゃん」と呼ばれていたのは小ガク生のころまでで、中学、高校へ進学すると徐々に「兄貴!」へと変わっていった・・・

昨今では「お兄ちゃん」と呼ばれることもサッパリ無くなっていた。
やはり、夢を見ているのだろう・・・。

「どうした?大和」

寝言に返事をするのはイケないと聞いたことが、あるが、
今日は特別だと、声を掛けてみた・・・

「おにぃちゃん・・・すき」
「えっ」

「おにいちゃん、大好きだよ」

「お、俺も、大和が好きだよ・・・」

「ハァハァ・・・」

「どっ!どうした!?大和っ!!」

急に息が荒くなった大和に驚いた次の瞬間!!

「お兄ちゃん・・・イクっ!」

大和の絞り出す様な声と同時に、勃起した大和のデカマラが跳ね上がり、

ドピュッ!ドピュッ!!ドピューッツ!!!

と、大量のザーメンと、まるで潮を吹いた様に何度も噴き出しているっ!!
しかも、放出する度に、音がビュッ!ビュッ!ビューッ!!と聞こえるほど勢いが凄い!

噴出したザーメンは大和の顔の下を遥かに超え、2メートル以上も先にピチャ!ピチャ!ピチャッ!と音を立てて落下し、水溜りならぬ『ザーメン溜まり』を作る!

一分以上も放出を続け、100回ほど噴き終えたところで、みるみるチンポは萎えて普段のサイズに戻ってゆく・・・

普段のサイズは、さっきまでの平常時のサイズでしかうかがい知ることはできないが、
30センチほどのサイズにまで戻ったのだから、これで平常時サイズなのだろう・・・
少なくとも俺の場合は38センチぐらいが平常時だ。

そんな事より!生まれて初めて目の前で見る弟の射精の瞬間と、飛び散った落下点に水溜り(ザーメン溜り)を作っているザーメンの色と量、そして強烈な匂い・・・・

たしか・・・昨日オナニーをしていたはずの大和・・・そりゃ、こんだけ出すと部屋の片づけも大変だっただろうな・・・(汗)
俺のザーメン工場も大和に負けず劣らず高性能だが、一回の射精でこんなには出ない(汗)

さすがに現役高校生の産出量には驚かされた!

「あっ!!ヤバイ!!」

俺のザーメン工場が、大和の射精シーンを見て刺激を受け、金玉がキューッ!っと縮みあがってきた!

ドックン!ドックン!と、こみ上げてくる衝撃に、俺は一目散に海へ駆けだした。



カモメが沖合から島へ戻って来ている・・・・

小魚の群れが、俺のザーメンに群がっている・・・・


そろそろ、大和を起こして、帰る支度をしないと、肩まで浸かってる海の水温もだいぶ下がってきた。

言い訳なんて、どうとでも言えばいい!

ふと、直ぐ後ろに人の気配を感じて振り返った。

笑顔を浮かべた大和の顔が近づいてきていた。

「兄貴!、もう帰ろうか」

気まずい空気だったさっきの事は水に流したのか、明るく元気ないつもの大和の声だった。

「おう!そうしよう!」

迎えに来た雅哉の運転に揺られながら、後部座席には二人の姿があった。

真っ黒に日焼けした二人は、あの小ガク生の頃の仲良し兄弟のまんまだった。

頭を寄せ合い、手をしっかりと繋いで眠る姿・・・

夏を思いっきり遊び疲れたワンパク小僧たちはグッスリ眠りこんでいた。




『夏の思い出』-ワンパク小僧たち-第一章<完>

top-of-page.png

《スポンサー/広告》
【注意】ご紹介しております商品は記事掲載時のものですので、その後、販売終了および廃盤になる可能性もございます。

[KES] の【Outsider Fire】

[KES] の【Outsider Fire】

[KES] の【Outsider Fire】



danji_88_31.gifJr_88_31.gifmensrushtv88×31site_dg.pngXXX88×31
ゲイ・ホモ動画ページゲイ動画サイト 男道ミサイル ゲイボーイアダルト動画 DUGA -デュガ-
*↑↑あなたの見たい!知りたい!情報がココにある!↑↑*


sindbadbookmarks.com8831.gifGAYARTNAVI
↑↑↑
Click!
text015_06.gif
AMWを応援してるぞ~!って人は、
上のGAY情報ランキングサイトclick!宜しくお願いしま~す(*^▽^*)

☆ランキング順位が上がると→多くの注目を浴び→モデルのやる気が出て→よりよい作品作りを頑張れます!
皆様のお力でランキングを上げて頂けますよう、もう一押し宜しくお願いいたします。


【お願い】

*ブロマガ内にて公開しております動画や静止画等全ての制作物の著作権はAMWが保持しており、AMWの許可なくお手持ちのPCやタブレット端末・スマートフォン・携帯電話・その他等の動画や静止画を取り込める機器へのダウンロードは一切禁止です!(FC2動画のダウンロードはFC2運営サイドからも禁止されております)またAMWブログ及びブロマガ内で知ったモデルの個人情報や、撮影秘話などは何卒お一人で楽しんで頂ければ幸いです。

top-of-page.png



UPDATE(更新情報)/ABOUT(ご挨拶)/NOTICE(お知らせ)/WANTED(モデル募集)/Download(販売動画)/TAKUYA'sROOM(趣味の部屋)/HOMEへ戻る ≪追記≫

いやいや~(*^▽^*)
第一章が終わりました~(笑)

誤字があるかも(汗)
気が付いたら、こっそり修正しますWW

小説中で、なにこれ?って部分も多いと思いますが、西園寺家の家族構成を備忘録しときます!
『宝珠』とか、執事の雅哉については、おいおい話が進むにつれ分かってきますのでネ~( *´艸`)


≪登場人物設定≫

名前 西園寺 和人
年齢 21歳
職業 新男大島大学生
血液型 A型
誕生日 3月3日
見た目 先祖の影響で、顔だちは少しハーフ顔。
    島でも1.2を争うイケメンで頭も良い。
スポーツ万能。高校時代は主にボディビルをしていた。

カラダ もともとは色白だが、日に焼けて
    出ているところは褐色の肌。
    代々体格の良い一族で、
    身長 193センチ
    体重 100キロ
    チンポ 平常時30センチ
        勃起時85センチ
    金玉 直径15センチ
       円周26センチ
    髪は、先祖返りか栗色で腰が無い、
    
    
性格 見た目の印象とは違い、とてもナイーブ。
   「気は優しく力持ち」と周りの評判はイイが・・・
   本人は気が弱いことがコンプレックス。

家柄 新男大島の旧家に生まれた大地主の長男。
   先祖が豪族であり、海外との貿易で栄えた。
   現在は、島の地場産業である『宝珠果』の生産・加工・販売を
   一手に行い、多くの従業員を抱える。
   島の住人からは「首領様」と呼ばれており、
   秋には「西園寺祭」という祭りも開催されるほど、島民とは
   良好な関係を構築している。
   家系図では度々外国人であろう名前もみられ、
   多くの混血が考えられる。

≪家族構成≫

 父親・・・西園寺 正和(43歳)
          株式会社 西園寺の代表
          『奇跡のフルーツ』と呼ばれる『宝珠果』の種元であり、
          代々西園寺家当主にのみ伝えられてきた、その生産方法は
          門外不出の極秘事項であり、和人も知らない。

     母親・・・西園寺 茜(42歳)
          戸籍上の母親(卵子提供者)
          詳細は不明
     
     弟・・・・西園寺 大和(17歳)
          性格はヤンチャであるものの、人望は厚く、
          兄弟ともに島民に慕われてる。
          兄の和人とは仲が良く、常に行動を共にし、
          まるで恋人のように寄り添っている。
          高校ではアメフト部に所属し、3年生の夏早期引退。
          実家が経営するGYMでインストラクターのバイトをいしている。
          兄和人のオナニー動画をネット配信し大金を稼いでいる。
          和人と並びファンが多い。
          「ほんと」が口癖。

第二章は、大和くん大活躍!!ですよ~♪(≧▽≦)お楽しみに~!!
関連記事

Category: 小説

Theme: 同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル

Genre: アダルト

Tags : 筋肉 デカマラ イケメン 巨根 AsianGay JapaneseGay 兄弟 でかまら マッチョ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks