FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

小説『夏の思い出』-ワンパク小僧たち-(ゲイ・BL)-第三章-<マサの秘密>その6<Final>

 【25//2019】


(更新:2019年12月25日)

Novel-01.jpg

-第三章-

<マサの秘密>その6

・・・つづき


父親である正和と、忙しい父に代わって親代わりとなり育ててくれた西園寺家使用人のマサこと稲毛万博(いなげ まさひろ)が兄弟であった事実を打ち明けられ驚愕する大和。

「えっ!ちょ!いやぁっ!ウェ~~ッ!?」

「や、大和様大丈夫でございますか!」

「だめ・・・俺、いま何にも考えられないっ!(滝汗)」


「それでは、そのままで結構ですので、お話だけ聞いていて下さいませ・・・」

「ちょっと!マサっ!俺の言ってること分かってるっ?」

「さて?」

「いやいやいや・・・(汗)あのねぇ~マサ・・・」

「はい?」

「俺の叔父さんがマサって事は、ブッチャケ超~興奮するよっ!」

「では、良いではありませんか?」

元来、実の兄弟である和人に恋い焦がれ、兄とのSEXに至上の喜びを感じている大和である。

兄の次に愛しているマサが赤の他人では無く、血縁関係のある『叔父』である事にこれまでに無い興奮が沸き立ち、言葉に出来ない衝動に駆られた!

今にもマサに飛びついて、叔父と甥の交わりを!と頭がポ~っとし、股間が熱くなる・・・・

心ここにあらずの間抜け顔が、次の瞬間、怒りに満ちた鬼の形相に一変した!

「よくないっ!(怒)」

「えっ?」

「だってアイツ(親父)とマサが兄弟だったなんて超~~ショックなんだけどっ!!」

「どうしてでございますか?」

「だって!アイツは、いっつも不機嫌そうだしっ、プライド高いしっ、俺に冷たいしっ、マサと兄弟だなんて信じられないっ!」

思いつくままに正和への罵詈雑言を吐き出す大和だったが、おバカな言い回しにどこか憎めない(笑)

「いえいえ(汗)正和様は決してその様な方ではございませんよ、それと、先ほどより『アイツ』とお呼びになられてます、お気を付け下さい。」

「ほら、マサだってず~っとアイツに敬語じゃん!不公平じゃん!」

「あっ、これは・・・役職柄といいましょうか、長年の癖になってまして(汗)」

「マサばっかり仕事させてさっ!俺たちの面倒までみさせて何にもやってないじゃんっ!」

「いやいや、ですからそれも正和様が多忙ですから・・・」

「差がありすぎじゃん!」

「私は、差などとは思った事もございませんが(笑)」

思わぬ大和の言葉に、プッと吹き出しそうになる。

こんなにも私を思ってくれているのだと、マサの心は温かくなった。

「ほら~、マサはスッゴク良い人だからっ!」

「ちょ、ちょっと大和様、話が違う方向へ。。。(汗)」

マサは、もう一つ大和に伝えておくべき『新事実』を話すタイミングを失い掛けていた・・・


「俺なんてアイツと同じ血が流れてるって想像するだけで、チンポ萎えるんだけど(涙)」

「・・・・」

「かろうじて、お兄ちゃんと一緒って事で、少しは自分を愛せたんだからさ~」

「・・・・」

「・・・あっ!マサごめんっ!マサとアイツは兄弟なんだよね、別にマサの血はお兄ちゃんと同じくらい大好きだよっ!(焦)」

「・・・大和様」

「もう一つ、お伝えしておくことが御座います」

「えっ!まだ何かあんの?」

「正和様と大和様は正確には親子ではございません」

「・・・」

「・・・・」

「・・・・・」

顔を見合わせる大和とマサの無言の時間は永遠に続くかのように思われたが

「え~~~~~っ!?」


「誤解なさらないで下さいっ!血縁関係が無いと言っているのではございません」

「じゃ俺って誰の子?(涙)」

「先ほど大和様は、私を『叔父』とおっしゃいましたが・・・」

「大和様は、私のお子です」

「え~~~~~~~~~~~っ!?」

ふら~



顔面蒼白になり白目を剥いて後ろに倒れる大和を慌てて抱きかかえるマサ

「俺の父親がマサ?」

「はい、そうです」

「あらら~っ、あっさり言うのね」

「すみません」

「いや、マサが・・・えっと、、父さんが 謝る事は無いけど、どうして言ってくれなかったのさ?」

「お答えする機会は何度も御座いましたが、大和様の分別がつく年頃までお待ち申し上げようと・・・」

「分別ってなんだよっ?もう十分大人だよっ!(二十歳だしw)」

「スミマセン(汗)、それと・・・申し訳ございませんが、『父さん』は止めて下さい、大和様のお父上は正和様なのですから、これまで通り『マサ』とお呼び下さい」

「はい、そうですか・・・って、言えねぇ~っ!」

「まだ分別のつく年ではなかったのですか?」

「いやいやっ、、つくとかつかないとかの次元じゃないっしょっ!その話し!」


堂々巡りの二人の言い合いがしばらく続き・・・


「今宵は、この話で時間を費やしている場合ではございません!映像をご覧下さいっ!」

研究室の壁面に映し出された映像には和人がザーメンを発射しながらハリガタにまたがっているLIVE動画が流れている

「お兄ちゃん・・・」

「大和様、もう時間が余り無いようです、本題に参りましょう」

「本題?」

「和人様は今宵、最後の神具を挿入されるご覚悟をもって、儀式に臨まれております」

「あんなデッカイの・・・てか、アレが入るって事は、マサの巨根が入るってこと・・・・」

「お察しの通りです」

「この後、私は和人様のアナルに挿入致します」

「・・・えっ・・・あっ・・・」

未だ実現できていなかったマサの巨根が兄 和人に挿入されるシーンを、これまで妄想し、幾度となくオナニーのネタにしてきた・・・

しかし、いざソレが現実に起こるとなると、複雑な感情が去来した。。。

「お気持ちはお察ししております」

沈痛な面持ちの大和にマサは優しく声を掛ける。

「お二人はとても愛し合っておられます、その関係に私がこれまでと違う形で加わることに抵抗を感じるかと思われます・・・」

「・・・・」

「しかしながら、今宵行われることは西園寺家にとって大切な儀式であり、この島にとってもその存続に関わる大切な儀式だということを、割り切って何卒ご理解くださいませ」

「・・・うん、じゃぁ、お兄ちゃんはマサに掘られるために、これまで俺に内緒であんなことを続けてきたって事?」

「簡単に言ってしまえば、その様になります」

「今夜は、お兄ちゃんとマサがSEXする儀式ってこと?」

「あくまでも儀式の流れの一つにすぎません」

「流れの一つ?」

「はい、今宵の儀式の全容は壮大なものとなるやも知れません、そうなれば、和人様と私のSEXは、一つのピースでしか無いでしょう」


「でもさ、これまではあのオッサンが一人でやってきてたんでしょ、儀式ってやつを?」


「正和様がこれまでお一人で行われてきた儀式は、正式名『宝珠果の露』を生産するためのものでございましたので、今宵のそれとは別でございます」

「『宝珠』って菜園で栽培されている果物の汁じゃなかったの?俺たちが毎日飲んでるヤツだよね?」

「もちろん、菜園で栽培されております宝珠の果実から作られているものですが、それだけではただのフルーツジュースでしかございません」

「・・えっ?まさか・・・・気持ち悪い話しじゃないよね?(汗)」

「気持ち悪いとは?」

「アイツがだしたザーメンを混ぜてるとか?おぇ~っ!」

「・・・・」

「だって、俺たち毎日飲んでるじゃん!島のみんなも!」

「・・・・」

「えッ、マサ?マジか~っ!何か言えよっ!!(滝汗)」



「入っております」


「おぇ~~~~~っ!!!」


「でも、『宝珠果の露』の全体量からすると、ごく僅か混ざっている、微々たるものです」

「そ、それ、ふぉろ~になってないんだけど。。。。」

「ソレに大和様は気持ちがお強い!和人様は卒倒されておられましたから」

「だ、、、だろうね(汗)」


・・・続く

第三章-<マサの秘密><完>


web拍手 by FC2
↑↑↑
この作品が-I like it !-気に入ったら拍手

wmv.gif〇修正動画
FC2BlogRanking


amw-model-link-banner-01.png
その他AMW MODEL紹介ページ

top-of-page.png

《スポンサー/広告》
【注意】ご紹介しております商品は記事掲載時のものですので、その後、販売終了および廃盤になる可能性もございます。


☆新作のAMW ORIGINAL MOVIE 販売中!!












☆感じやすい20才
樹 デビュー
大量射精が止まらないっ!
【完成版】



















☆ちょっと画質UP&時間も短く【Renewal】で販売中!!













☆『いつも応援ありがとう!感謝価格』で販売中!!















mensrushtv88×31site_dg.pngXXX88×31
ゲイ・ホモ動画ページゲイ動画サイト 男道ミサイル ゲイボーイアダルト動画 DUGA -デュガ-
danji_88_31.gifJr_88_31.gifsindbadbookmarks.com8831.gifGAYARTNAVI
*↑↑あなたの見たい!知りたい!情報がココにある!↑↑*


↑↑↑
Click!
text015_06.gif
AMWを応援してるぞ~!って人は、
上のGAY情報ランキングサイトclick!宜しくお願いしま~す(*^▽^*)

☆ランキング順位が上がると→多くの注目を浴び→モデルのやる気が出て→よりよい作品作りを頑張れます!
皆様のお力でランキングを上げて頂けますよう、もう一押し宜しくお願いいたします。


【お願い】
*マガブロ内にて公開しております動画や静止画等全ての制作物の著作権はAMWが保持しており、AMWの許可なくお手持ちのPCやタブレット端末・スマートフォン・携帯電話・その他等の動画や静止画を取り込める機器へのダウンロードは一切禁止です!(FC2動画のダウンロードはFC2運営サイドからも禁止されております)またAMWブログ及びマガブロ内で知ったモデルの個人情報や、撮影秘話などは何卒お一人で楽しんで頂ければ幸いです。


top-of-page.png



UPDATE(更新情報)/ABOUT(ご挨拶)/NOTICE(お知らせ)/WANTED(モデル募集)/Download(販売動画)/TAKUYA'sROOM(趣味の部屋)/HOMEへ戻る
関連記事

Category: 小説

Theme: 同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル

Genre: アダルト

Tags : 巨根モデル 筋肉モデル 大量射精

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks