FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

『AMW通信』購読料金改定のお知らせ。

 【15//2013】

『AMW通信』購読料金改定のお知らせ。


いつもAMWのブログ、またはブロマガ『AMW通信』をご覧いただき誠にありがとう御座います。

昨年5月にFC2にて動画の投稿と同時にブログを始め、まもなく1年を迎えようとしております。

不慣れながらも自分なりに試行錯誤をし、幾度かのトラブルもくぐり抜け、

応援して下さってる皆様のお陰で、ここまでやってくる事ができました!

本当にありがとう御座います!!(・∀・)


そんな皆様におかれまして、

大変心苦しいお願いをさせていただく事になります。

このおよそ1年の間、個人として我武者羅にやってきたつもりでおります、

もちろん、まだまだ力が足りない!作品のクオリティーが低い事は大いに反省すべきでしょう。

でも、何かに背中を押されながら、頑張ってきたつもりです。

その「何か」は、作品を楽しみにして下さってる皆様の期待感であると思っています。

ブログに訪れてくださる人数が増える度に、

ブロマガの購読をしてくださる人数が増える度に、

また、気に入って頂けた皆様が定期的に更新される度に、

「よし!来週も頑張るぞ!」

と、励まされ背中を押されてる気持ちになり、頑張ってこれたのだと感謝しておりますm(_ _)m


お陰さまで、モデル募集の方も最近は問い合わせが多くなり、大変有難い状況です。

「顔を出さない(匿名性が高い)AMWなら出演してもいいかも!」

と、これまでやってきた信頼性において、ご判断くださったものと思っております。


しかしながら・・・

わたくしTAKUYA一人では、何かにつけて不便な事も多くなってまいりまのも事実です。

わたくし一人で撮影をし、編集をし、ブログを更新し、当然モデルさんとの交渉から衣類や撮影場所の選定、

ギャラまでもわたくしのポケットマネーから出させていただいております。


正直苦しいです!


いっそのこと、AMWを辞めてしまおうかと、考えた事もありました。


ご存知の方も、そうでない方も、AMWを運営する上での唯一の収入源である、ブロマガ『AMW通信』は現在1ヶ月500円(FC2ポイント)でご購読いただいております。


購読者の皆様は、すなわち500円をクレジットカードや、銀行振込でお支払い下さり、FC2で利用可能な500ポイントに変換し『AMW通信』をご購入下さっている訳です。


皆様の貴重なお金を頂いて、それを元手にAMWをより良い形へ進化できる様に自分なりにやってまいりました。

が、

この皆様の有難い500円が、丸々わたくしに直接振り込まれている訳では御座いません。

実際は未だ1円の現金も私は受け取っておりません。



ここで、皆様がお支払いくださったお金がどの様にわたくしへ支払われるのか?

そのシステムをお話します。(ご存知の方は、はしょって下さい)


先ず、皆様の500円はFC2へ入金され、わたくしのブロマガへはポイントに変換された500ポイントがまず振り当てられます。

それではFC2の取り分が無いため、500ポイントの中からブロマガ公開主(TAKUYA)が、任意で設定できる手数料を差し引く訳です。(*分かりやすく言葉を置き換えて説明しております)

わたくしの手元には500ポイントの内、350ポイントが支払われます。(150ポイントすなわち150円はFC2へ)

これでも(手数料の)設定額ギリギリです。


これは、あくまでも現金350円ではなく、『350ポイント』というところが曲者なのです。

FC2ブロマガの最大の利点は、このポイントが10000ポイントに達すると・・・

1ポイント1円で換金できるシステムがあること、すなわち『現金化!!』できるという利点が謳い文句なのです。

がっ、

どうやら、

よくよく話を聞くと・・・

FC2はアメリカに本拠地を置く会社ですので、(ですから無○正動画などもアップできるのです)

当然、支払い窓口はアメリカになります。

先ず、そこでポイントは$(ドル)に置き換えられます。(為替レートの問題はややこしいので放置)


わたくしが、FC2へ貯まったポイントを現金に換金すべく申請を出した場合・・・

アメリカのFC2は¥ではなく、その時の為替レートに則った$額の小切手を郵送してくるそうです。

で、届いた小切手を持って銀行などに出向き、$の小切手を¥へ換金してもらい、

ようやく現金として手元に入ってくるのです。


その時、$→¥への換金に伴う手数料は、もちろん自己負担で、

FC2の『ヘルプ』を読むと、その手数料が5000円くらい掛かるそうです。


当然為替は日々変化しますし、はたして手元に幾ら残ってるのやら。。。。(汗)

*追記*このブログを更新後、新サービスが始まっているとのことを知りました。
日本国内の銀行への振込にも対応が開始されていました!これは有難いことです!
ちなみに、換金手数料は1000円とのことです。(FC2よりお振込みする額は円建てとなります。)



ブロマガの購読料金の設定金額が安くても、読者が沢山居れば受け取る額も大きくなり、相当の収入も見込めるでしょうが、

現在の『AMW通信』は、上記システム下においての換金すら臆する程です。

「宣伝が足りないのでは?」

と言う疑問もありますが、ブロマガの(無○正動画の・・・)内容が内容だけに、

「藪から~!」になる事もありますので、嗅覚の鋭い方々が辿り着ける位の販促活動しかできません。


こんなことを言っては、ずっと応援して下さってる皆様のお怒りを受けるのではないかと、

内心穏やかではありませんが、

より良いモノを作るには現状以上のステップアップが必要となってまいりました。

長い間御愛顧賜ってる皆様に加え、新たな購読者を迎える為にも。資金も必要なのです。



出来ますれば、この『AMW通信』いや『AMW』そのものを、より魅力的に!より素晴らしい組織に!したいと思っております。

「私には夢があります!」

と、そこまで大それた事を言うつもりはありませんが、

「ゆめ」くらいは持ってます!

これまで協力してくれた臨時スタッフ(ほぼ友人たち)と出演してくれたモデルさん達に、本当の意味で成果を還元してあげたいです!

そして、これから協力してくれるまだ見ぬスタッフたちや、モデルさんたちにも仕事としてしっかり稼げる位のものにして行きたい!と、思っています。

その為にも、収入源となりうるこのポイントの増収を考えるにいたりました。

最初の方で「お願い」と申し上げましたのは、このことで御座います。


1周年を迎えます2013年5月より、ブロマガの料金を改定させていただきたく、お願い申し上げます次第でございます。


今日まで『AMW通信』は100を超える更新をしてまいりました。

その中で公開してきたオリジナル動画も相当な数となりました。


現段階で、これら動画は、この『AMW通信』でしかご覧いただけないオリジナル作品です。


まだまだクオリティーが低いとも思っております、しかし、今後クオリティーを上げる為にも

2年目を迎えます5月に、その起爆剤となりうる大幅な購読料の値上げをさせていただきたいと思っております。

新価格は月額見放題の動画配信サイトに準ずる形となる予定です。


内容も、当然、より購読者の皆様にとってご満足いただけるものへと変化するでしょう。

今スグには無理ですが、安定した増収が見込めればスタッフも増やせますし、より質の高いモデルさんも出ていただける様になるでしょう。

で、いつか、新レーベルとして会社を立ち上げたいと思っています!

それが、先ほど申し上げた「ゆめ」です。


この値上げにより、AMWが潰れるか?生き残るか?が決定します。

私の予想では。。。(汗)

いやいやっ!きっと生かせていただけるものと信じております!


購読料値上げに際し、

「今、支払い済みの購読料金はどうなるのか?!」

と、気になる方も多いと思います。

ご心配なく!現段階で購読されてる方は、支払い済みのその期間中は値上げ前の料金のままです。


〈例えば〉

5月から、1ヶ月の購読料が3500円と、改定が行われるとします。

貴方が、4月20日にこの先1ヶ月の購読料を現行の500円で購入された場合・・・

5月20日まで500円のままでご購読いただけます。(5月21日以降からは新価格の3500円/月となります)


さらに、お得な情報ですが、

ブロマガを今後も長期に渡って購読される場合、4月中までに申し込むと、12ヶ月間5500円でご購読いただけ、

5月の料金改定以降も、次更新日までの購読期間内は一切の増額無く今までと同じ条件のままご購読いただけます。

ほかにも3ヶ月プランと、6ヶ月プランの『まとめてプラン』もご用意しております。

どうぞご利用ください!


*実施します料金設定額は4000円前後/月(まとめてプランは、それぞれ割引)になる予定です。

*購読料を自動引き落としにされてる方は、5月までに変更の確認をしておいて下さい。


これからのAMWの為に、何卒ど理解とご協力をお願い申し上げます。

AMW・TAKUYA


関連記事

Category: ◇お知らせ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks